誰もが分かりやすいカードローンの金利

カードローンにおける金利と利息の関係

大手金融機関などのカードローンを使う時、期日までに借りた金額に加え、利息の金額分を併せて返済します。利息とは、金額を借り入れる時にかかった、利用に関する料金と考えられますね。ローンを展開している会社によって利息の金額は異なるものの、その利息を計算するのに必要なのが、金利ということになります。金利とは、「借入額に対して発生する利息」を示し、お金を1年借りた場合の年率をパーセンテージで表した数字です。よく理解せずにお金を借りると、返済する時に出費額が大きくなってしまう可能性があり、10万円借りたとしても、会社によっては条件によって2万円近くの利息が発生する場合もあります。一見難しそうに見える金利計算ですが、実は簡単に求めることができます。

金利から求める利息の計算式と金利の決まり方

カードローンにおける借入日数分の利息を求める計算式は、借入金額から実質年率を掛けたものを365で割り、借り入れ日数で掛けたものとなります。例えば、金融機関から20万円を実質年率14.5パーセント、30日間借りたとすると、返済時にかかる利息は2,383円、合わせて202,383円を返済することになりますね。実際の金利は、貸付を行う業種と融資金額の大きさにより、決定されています。スピードと利便性を重視し、融資額が少ない消費者金融は金利が大きく、融資額の大きさを重視する銀行などは金利が小さくなる傾向があります。ローンを組む際に最も重要となるのが、「適応金利表」と「上限金利」、「下限金利」です。低金利を求めるあまり下限金利に目が行きがちですが、下限金利は適応されないケースもあることから、借りる金額内での上限金利を目安にするといいでしょう。

© Copyright Diverse Selection Card. All Rights Reserved.