初心者でも安心!カードローンの返済方法について

自分に合った方法で返済できる

カードローンの返済方法は主に3つです。銀行口座からの引き落とし、ATMからの入金、銀行から振り込みがあります。銀行口座は「契約者本人名義に銀行口座から指定日に自動引き落とし」で、返済し忘れを防げます。あらかじめ入金しておかなければなりませんが、手数料も不要で、返済のために出向く必要がありません。
次にATMでの返済。こちらはコンビニに設置してあるATMで返済ができます。返したいと思ったときに返済ができる点がメリットです。
最後に銀行ATM振込です。返済用の口座に毎月振り込む形になり、通帳への記載が載りません。手数料は自己負担ですが、自行のインターネットバンキングを使うと手数料が無料になる銀行もあります。上手に使い分けて返済しましょう。

カードーローンの返済日は2種類

カードローンは毎月決められた日にお金を返す「約定返済日」と、お金に余裕があるときに追加で返済をする「臨時返済」があります。約定返済日にお金を返し、違う日にも任意でお金を返せるというシステムです。臨時で返済すると全額が元金返済に充てられます。ここで注意したいのが「臨時返済をしたあとでも、次の返済約定日に返済が必要」な点です。
約定返済日は契約のときに定められた返済日で、1日でも返済が遅れてしまうと延滞扱いになります。臨時返済をしたから、次の支払日が延びるわけではありませんので注意しましょう。延滞してしまうと、遅延損害金も発生します。この遅延損害金は低くて14%台、高くて20%なので返済し忘れには注意しましょう。

© Copyright Diverse Selection Card. All Rights Reserved.